インテリジェンス技術者養成講座

 研究活動、種目別講習会、セラピー実施にはスポーツインテリジェンス技術者が必要である。スポーツインテリジェンスを実施するには、従来からのテクニックなどの固定された内容から脱却した柔軟で斬新な発想力とそれを支援する広範囲な科学的知識を持った技術者が必要となる。画一的な日本の教育システム箱のような人材の育成には向いていないようで、かなり力を入れて養成する必要がある。現場での大きな効果のあるスポーツセラピーにはあらゆる局面での対応が必要で、セラピストには高度の知識と技量が必要である。当初は指導者を河井が担当し、スポーツセラピスト養成という形で、年数回を4~5名で実施して行う。

作成中